ファッション通販のSTRIPE CLUB

  1. TOP
  2. 気温25度の服装はどうする?最高/最低25度のおすすめコーデ
気温25度の服装はどうする?最高/最低25度のおすすめコーデ【2024年最新】| 気温25度 服装

気温25度の服装はどうする?最高/最低25度のおすすめコーデ【2024年最新】

薄着で過ごせる季節に多い、気温25度の日。しかし、最近良く起こる天気の急変をはじめ、高い湿度や外と中、昼と夜の温度差など、服装の調節が難しい気温でもあります。また最高/最低かによっても快適に過ごせる服装が異なることも。そんな迷いの多い気温25度の日を心地よく、さらにおしゃれに過ごすためのおすすめのコーデや着こなしをはじめ、この気温におすすめのアイテムまでを含めてご紹介します。

気温25度ってどんな時期?

春から秋にかけて多い気温25度。最高気温25度は5月から6月、9月頃で、昼間は気持ちよく過ごせますが、朝晩は肌寒いことも。また梅雨時期には湿度が高く、不快感を感じることもあります。最低気温25度は7月8月の真夏で、日中はかなり気温が上がることが予想され、暑さ対策が必須になってきます。

気温25度の服装選びのポイント

日差しが強く、湿度が高い場合、実際の気温よりも高く感じることがある25度。まず第一に風通しの良い素材やシルエットのものを選ぶと◎。また直接肌に触れるインナーやトップスは吸水速乾性が高いものだと汗などを気にすることなく、ストレスなく過ごせます。羽織りやレイヤードなどで上手く気温調節をするのが快適さの鍵。

最高気温25度の服装選びのポイント

最高気温25度の日は、日中と夜間の寒暖差を感じることがあります。朝早く、また夜遅い帰宅になるなら、薄手の羽織りものが必要。ゆるっと着られるカーディガンやジャケットはトレンドでもありおすすめ。昼間だけのお出かけなら、半袖や袖をまくれる薄手の長袖1枚でも過ごしやすいでしょう。

最低気温25度の服装選びのポイント

猛暑日となることも多々ある最低気温25度の日には、肌離れの良い素材選びが必須。タンクトップやフレンチスリーブなどの肌を露出させるインナーも活躍する気温ですが、さらりと着られる羽織りものがあると紫外線から身を守り、さらに冷房の肌寒さも軽減してくれて便利。カラーアイテムで季節感を演出するのもおすすめです。

最高気温25度の服装【カジュアルコーデ】

気温差に備え、袖のあるトップス、ワンピースや、羽織りものが活躍してくれる最高気温25度。カジュアルなコーデには、ショート丈や袖コンシャスな今っぽいデザインのトップスを積極的に取り入れるのがイチオシ。デニムやラフなスカートなど、定番のカジュアルボトムスと合わせても、全体としてこなれ感が出せます。

ボーダーT×デニムの王道カジュアルを今っぽカーデでアップデート

カジュアルコーデの大定番、ボーダーTシャツにデニムの組み合わせ。羽織りとしてショート丈で袖にボリュームのある今年らしいカーディガンを合わせると、一気に今っぽいスタイルに。鮮やかなブルーやグリーンの色の力で、さらに洗練された着こなしに。

ふわ | 25度服装

ふわ / 162cm

AMERICAN HOLIC 本部

STAFF STYLING

さりげないカーデの着こなしが光る大人のフェミニンカジュアル

カーディガンのボタンを全て留め、トップスのように見せる今シーズンの旬な着こなし。ショート丈のカーデと、ボリュームのあるフレアスカートでバランスの良いコーデが完成。ボトムスに色を入れることで、見違えるほど洒落感が増します。

HaRU | 25度服装

HaRU / 164cm

AMERICAN HOLIC ココウォーク

STAFF STYLING

心地よさと華やかさを両立させるリラックスワンピスタイル

さらっと着て即映える、ふわりと広がるエスニック柄の長袖ワンピース。気持ちの良い素材なので、長袖でも袖をまくって昼間の気温にも対応可能。ワンピースのベースカラー、ブラックで小物もまとめることで、都会的でラフ過ぎないコーデにまとまります。

manaCA | 25度服装

manaCA / 151cm

CRAFT STANDARD BOUTIQUE 本部

STAFF STYLING

最高気温25度の服装【キレイめコーデ】

キレイめコーデにマストなジャケットは、リネンやシアー素材を選ぶとこの気温でも快適に着られて◎。肩がけしてもコーデのシルエットを崩しません。また、ハリのある素材のカーディガンもおすすめの羽織りアイテム。華やかなブラウスやボトムス、ワンピースなど、風通しの良いものと合わせるとストレスなく装えます。

甘めブラウスを大人に引き寄せる華やかワイドパンツ&王道カーデ

ラッフルフリルが重なったティアードブラウスは、甘めな印象。タック入りでお腹周りをカバーしつつ、華やかなシルエットになるワイドパンツでブラウスの甘さを緩和。肩がけしたクルーネックカーデはボーダーをチョイスすることで、コーデのアクセントに。

funatto | 25度服装

funatto / 161cm

YECCA VECCA 錦糸町テルミナ2

STAFF STYLING

ストレスなく着られコーデをキレイめに整えてくれるサマージャケット

ノースリーブのカットソー×ラメ感がトレンドライクなマーメイドスカートは、羽織りなしだとカジュアルめな雰囲気。そこへ上品な透け感のシアージャケットを合わせると、たちまちキレイめなスタイルに。サマージャケットは快適な着心地も保証してくれます。

mika | 25度服装

mika / 160cm

YECCA VECCA キラリナ京王吉祥寺

STAFF STYLING

リネンジャケットで季節感ときちんと感を醸し出すワンピースコーデ

色鮮やかなライムグリーンがスタイリッシュなワンピースを主役に、ジャケットを肩がけしてさらにこなれた印象に。落ち着いたネイビーカラーのリネンジャケットは合わせやすく、きちんとした場所でも自信を持て、さらにシーズンムードも高めてくれるうれしい1着です。

tamaki | 25度服装

tamaki / 157cm

YECCA VECCA ルミネ荻窪

STAFF STYLING

最低気温25度の服装【カジュアルコーデ】

猛暑日に備え、涼しく着られるものが大前提。カジュアルコーデの場合、思いっきり肌を露出するのもあり。トップスを肌見せした場合、ボトムスはロング丈で露出を抑えるとメリハリのあるスタイルに。接触冷感などの機能性のあるものや、帽子など小物で気温への対策をするなど、賢いアイテム選びも肝。

機能性のあるホワイトブラウスでクリーンなナチュラルコーデを

どんなボトムスとも合わせやすいことが魅力のホワイトブラウス。接触冷感&UVカット機能付きで猛暑日でも快適!メンズライクなカーゴパンツを合わせても、白ブラウスのおかげでクリーンな印象に。ブラウスは前だけインしてすっきり見せると◎。

eriko | 25度服装

eriko / 158cm

AMERICAN HOLIC 本部

STAFF STYLING

夏のシンプルワンツーコーデには柄スカートで華を添えて

暑い日にヘビロテ必須のフレンチスリーブカットソーは、肩周りをカバーしてくれて体型カバー効果も抜群。歩く度に揺れるレオパード柄のギャザースカートで、コーデに華やかさを追加。フェミニンなスカートと相性の良いペーパーハットで紫外線対策も抜かりなく。

kana | 25度服装

kana / 160cm

AMERICAN HOLIC 本部

STAFF STYLING

涼しげワンピースはカーデの肩がけで肌見せバランスを調整

スクエアネックのカッティングと、裾のバルーンがおしゃれなシルエットのワンピースは真夏に1枚で着たいアイテム。上半身の露出度を肩がけしたシアーカーデで調節すれば、潔く纏えます。季節感を高めるイエローカラーも、顔周りをパッと明るく彩ってくれます。

sumi | 25度服装

sumi / 161cm

Green Parks フジグラン松山

STAFF STYLING

最低気温25度の服装【キレイめコーデ】

過度な肌見せではなく、リネンやシアー、機能性のある涼しい素材を取り入れることで、乗り切りたいキレイめコーデ。中でも風になびくようなシャツやブラウスを積極的に活用すると、きちんと感が簡単に出せて◎。美シルエットのワンピースもキレイめスタイルの味方。紫外線や室内での冷えを防ぐため、羽織りものを持っておくと安心。

透け感とレイヤードを楽しむ軽やかなモノトーンスタイル

ゆるっとしたサイジングとシアー素材がトレンド感溢れるホワイトシャツから、インナーのボーダーニットを見せ、レイヤードを楽しむコーデに。合わせたパンツはブラックですが、トップスが軽やか素材なので重たく見えないモノトーンコーデに仕上がります。

Miri | 25度服装

Miri / 170cm

YECCA VECCA キラリナ京王吉祥寺

STAFF STYLING

しなやかな涼しげ素材でまとめた上品なガーリーコーデ

ガーリーな印象のドットのマーメイドスカートは、レーヨンリネン素材で涼やか。すっきり上品なバンドカラーのフレンチスリーブブラウスで、全体を落ち着いた雰囲気に引き上げ。さらに肩に羽織ったグリーンのカーデを差し色にして、余裕を感じさせる大人スタイルに。

k | 25度服装

k / 157cm

YECCA VECCA イオンモール倉敷

STAFF STYLING

Iラインを意識したワンピースコーデでスタイルアップを叶える

縦に入ったタックやストンと落ちるシルエットが細見え効果抜群のワンピース。スキッパー襟で顔周りもシャープに。UVカット機能付きで外でも室内でも活躍してくれるカーデも、縦に並んだボタンでIラインを作ってくれるので、スタイルをすっきり見せられます。

sakiyo | 25度服装

sakiyo / 160cm

YECCA VECCA グランツリー武蔵小杉

STAFF STYLING

気温25度の服装におすすめのアイテム

簡単に脱ぎ着ができて、持ち運びもしやすいライトな羽織りものがマスト。トップスとしても使え、UVカット機能付きのものも多いカーディガン、レイヤードが楽しめるシアーや風通しの良いガーゼ素材など、さらりと着られるシャツ、リネン素材や透け感があり、きちんと感も演出できる薄手のジャケットが今っぽさもありイチオシです。

UVカット&接触冷感カーデでノースリーブでも不安なし

綿麻素材で涼しげなノースリーブのオールインワンは、肌離れもよく、快適。レッドカラーがベージュのオールインワンに彩りをあたえてくれるカーディガンは外では紫外線対策に、中では冷房対策にと持っておくと便利。ふわっと肩にかけてこなれ感ある着こなしに。

sumi | 25度服装

sumi / 161cm

Green Parks フジグラン松山

STAFF STYLING

シアーシャツを颯爽と羽織りリラクシーなコーデをキレイめに

履くだけで洒落感溢れるグリーンに、楽な履き心地でリラックスしたワイドパンツ。シアーシャツを羽織り、都会的なテイストを入れ、抜け感たっぷりのコーデに。インナーはタイトなニットでボトムスとのバランスを取ってスタイルアップも図って。

namin | 25度服装

namin / 155cm

YECCA VECCA イオンモール東浦

STAFF STYLING

シアージャケット×ストライプワンピで完成させる夏の爽やかフェミニン

爽やかさと季節感を存分に演出するサッカーストライプ生地のワンピースは、チュールがドッキングし、1枚でもおしゃれ度が高いアイテム。さらに透け感が今っぽいジャケットを羽織ることで洗練度を高め、きちんとした場にも対応できる女性らしいコーデへ。

sakiyo | 25度服装

sakiyo / 160cm

YECCA VECCA グランツリー武蔵小杉

STAFF STYLING

気温25度の日は「最高」「最低」気温にあわせた工夫を

気温25度と一口に言っても、最高か、最低かによっても心地よく過ごせる服装が違います。まずは天気予報をチェックし、さらにお出かけの時間帯によってその日のコーデを決めると、失敗なく装えるはず。ご紹介したコーデやアイテムをぜひ参考に、ストレスのないファッションでより楽しい1日を送ってみてはいかがでしょうか。

特集一覧はこちら