ファッション通販のSTRIPE CLUB

  1. TOP
  2. 夏のデニムコーデ18選!マンネリしないコーディネートとは?
夏のデニムコーデ18選!マンネリしないコーディネートとは?| 夏 デート服

夏のデニムコーデ18選!マンネリしないコーディネートとは?

時代も季節も問う事なく、私たちのワードローブに欠かせないデニム。直球カジュアルにも、ドレスダウンにも、デニムだからこそ叶えられる着こなしがあります。そんなデニムが改めてクローズアップされている今シーズン。大人女子にオススメしたいワンランク上のデニムスタイルをピックアップしてみました。カジュアル、キレイめといったテイストや、デニムのシルエット別にご紹介するので、お見逃しなく!

夏のデニムコーデ

ヘルシーなカジュアルから、女っぽいスタイルまで幅広い着こなしが叶うデニムは、夏も大活躍。トップスを選ばないので、Tシャツとのオーセンティックなコーデはもとより、シアー素材のトップス、ジレなどを合わせれば、簡単に旬顔コーデに。定番のデニムだからこそ、自分らしい着こなしを見つけて、夏のおしゃれを楽しんで!

スリット入りデニムで 抜け感を手に入れて

ノースリーブのワンピースにデニムで、スッキリとコーディネート。スリットが入るだけで、キレの良さが備わり、スタイリッシュな印象に仕上がります。夏の主力になる、ペタンコサンダルとの相性も◎!

ぷりん / 166cm

earth music&ecology イオンモール新小松

STAFF STYLING

透かし編みニットで 涼しく、今年らしく

透け感あるニットベストなら、デニムとのシンプルコーデも華やか。濃いめのワンウォッシュデニムだと、肌見せコーデも品良くきまります。ストレッチ入りではきやすく、アクティブな夏にぴったり。モノトーンのバッグでキレイめに仕上げて。

ゆうか / 160cm

AMERICAN HOLIC イオンモール和歌山

STAFF STYLING

ワイドパンツならではの こなれ感たっぷりコーデ

リラクシーな雰囲気を醸せるワイドパンツは、大人のこなれカジュアルの相棒とも呼べる存在。お尻がすっぽり隠れるカーディガンとのゆる×ゆるコーデも、バケツ型のカゴバッグで程よいきちんと感をプラス。

おおやちあき / 153cm

earth music&ecology 本部

STAFF STYLING

大人のきれいめデニムコーデ

大人っぽくデニムを着こなすには、きちんと感のあるシャツや、フェミニンなブラウスをトップスに選ぶのが最短ルート。さらにボリューム袖や柄物なら、華やかさがアップします。濃いめの色味のデニムを選んだり、クラス感のある小物を添えてカジュアルすぎない着こなしに。

ディテールにこだわったブラウスなら ワンツーコーデも華やか

首元のさり気ないフリル使い、程よく開いたスキッパーデザインなど大人の甘さを表現したブラウスを、デニムでカジュアルダウン。トップスにボリュームがあるので、テーパードデニムですっきりと。足元をロールアップして、軽快さを出したのもポイント。

Susuki.Y / 158cm

AMERICAN HOLIC 溝の口ノクティ

STAFF STYLING

デニムスタイルが垢抜ける 夏に映えるキレイ色トップス

ボリュームスリーブのブラウスに、あえてラフなカットオフデニムを合わせてミックス感を楽しんで。ヌーディーカラーのヒールサンダルや、パールネックレスをトッピングしてレディ度を高めれば、洗練されたカジュアルに。

sakiyo / 160cm

YECCA VECCA グランツリー武蔵小杉

STAFF STYLING

フェミニンなドット柄で エレガントに

ドット柄、シャーリング袖と甘め仕上げのブラウスも、デニムなら照れずにサラッと着られます。デニムはカジュアルになりすぎない濃い色味をチョイス。黒の小物でキリッと引き締めれば、絶妙な甘辛バランスが完成。

kana / 160cm

AMERICAN HOLIC 本部

STAFF STYLING

こなれカジュアルデニムコーデ

一年を通して、大人カジュアルに絶対ハズせないデニム。だからこそ、今っぽい着こなしやデニム選びをマスターしておきたいところ。 今年まず手に入れたいのは旬のワイドデニム。ワンピとのレイヤードや、トレンドのショート丈トップスとの相性も抜群。美脚効果のあるテーパードデニムは、バランスが取りやすいので一本は持っておくのが正解!

ゆったりトップスには テーパードデニムでメリハリを

デニムパンツとTシャツの着こなしをアップデートするなら、重ねるだけで印象が変わるベストが有効! デニム以外を同系色でまとめて、スッキリと。フィットしすぎないテーパードデニムは、スキニーが苦手な人にもオススメ。

ゆうか / 160cm

AMERICAN HOLIC イオンモール和歌山

STAFF STYLING

あえての重×重バランスが こなれ感に直結!

一枚でも着られるカットワンピースと、トレンドのワイドパンツをレイヤード。リラックスムード満点のコーデは、シルバーのバッグや黒のトングサンダル、シルバーアクセとスパイシーな小物で都会的に仕上げて。

haruna / 154cm

CRAFT STANDARD BOUTIQUE 本部

STAFF STYLING

立体感あるタックブラウスとテーパードで 緩急をつけて

シンプルな着こなしでも十分おしゃれに見えるのは、メリハリの効いたバランスと、肩掛けカーデのひと手間があるからこそ。また、落ち着きのある配色ながら、適度な肌見せで涼しげに仕上げたのも◎。上品に着られる濃紺デニムは、幅広い着こなしに対応できて便利!

kyoka / 154cm

AMERICAN HOLIC 本部

STAFF STYLING

ワイドデニムコーデ

この夏デニムを新調するなら、まずはワイドデニムを。トレンド感もこなれ感も手に入り、さらに気になる部分を隠しながら、おしゃれできるのが魅力。コンパクトなトップスと合わせるとメリハリが効いて美シルエットに。また、ゆるっとしたトップスとなら肩の力が抜けたリラクシーなムードを演出できます。

白のワントーンで クリーンなカジュアルスタイルに

低身長さんにとっては、少々バランスが取りにくく感じるワイドパンツ。ワントーンで揃えると、スッキリとまとまりの良い着こなしに。サロペットなら肩紐が縦のラインを強調してくれます。大ぶりのイヤリングで目線を上に上げるなどの工夫も、参考になりそう。

はなこ / 155cm

CRAFT STANDARD BOUTIQUE 本部

STAFF STYLING

古着っぽい風合いが こなれ感たっぷりなムードを演出

合わせるアイテムのサイズ感やバランスにこだわるのが、ワイドパンツをおしゃれに着こなす鍵! コンパクトなノースリーブTをインして、女らしいシルエットをメイク。そこにストライプ柄のワンピースをサラッと羽織って今っぽく。

Mika / 159cm

earth music&ecology セレオ八王子

STAFF STYLING

ブルーの清涼感が叶える 爽やかなデニムスタイル

肩紐の取り外しが自由に出来るブサロペットデニムにチュニックと、ブルーで繋いだ夏らしい着こなし。チュニックはボリュームあるシルエットながら、やや透け感のある軽い素材なので重たくなりません。足元はスニーカーでスポーティーに仕上げて。

しぶさん / 157cm

CRAFT STANDARD BOUTIQUE テラスモール松戸

STAFF STYLING

テーパードデニムコーデ

先に向かって細くなるシルエットが美脚効果を生むテーパードデニム。ストレートやワイドに比べきちんと感があるので、デニムをキレイめにはきたい人にもオススメ。ゆったりシルエットのトップスとも、ショート丈のトップスともバランスが取りやすいのも嬉しい。

黒ベストを羽織って Tシャツ×デニムスタイルを格上げ

白ロゴTに、テーパードデニム、スポサンといった定番コーデにベストを羽織るだけで、きちんと感がアップ。デニムは夏らしいライトインディゴで軽やかに。茶系のベルトや、ベレー帽を足して、柔らかな印象も添えて。

MIKU / 158cm

AMERICAN HOLIC 洛北阪急スクエア

STAFF STYLING

カッコ良さも気軽さも兼ね備えた ブラックデニム

デニムはブルーだけにあらず! ワンランク上のデニムスタイルが目指せる、クールなブラックデニムにもトライを。テーパードシルエットなら、キレイめのパンツ感覚で使えます。個性的なデザインシャツを、サラッと受け止めてくれるのもデニムならでは。

k / 157cm

YECCA VECCA 岡山一番街

STAFF STYLING

定番のボーダー×デニムを 大人カジュアルに着こなして

夏らしいチャーミングなマルチボーダーのノースリーブに、テーパードデニムの爽やかな夏コーデ。さらに透かし編みのニットジレを羽織り、女っぽさをトッピング。ヘルシーなだけじゃない、新鮮で大人っぽいボーダー×デニムスタイルに。

yamami / 161cm

AMERICAN HOLIC ココウォーク

STAFF STYLING

スキニーデニムコーデ

トップスを選ばず、使い勝手の良いスキニーデニム。特にキレイめ派さんは、一本は持っておきたいアイテムです。ゆったりとしたトップスとは特に相性抜群。ジャケットなどのきちんと感ある羽織ものも、スキニーと合わせるとカッコよさが際立ちます。

ロマンティックな花柄ブラウスを スキニーで引き算コーデ

フワッとしたシルエットのブラウスは、細身デニムとベストバランス。袖にたっぷりとフリルを施した花柄も、辛口なブラックスキニーと合わせれば、大人にちょうどいい甘さに着地します。小物はデニムと同じ黒で統一し、シックな印象を高めて。

ふわ / 162cm

AMERICAN HOLIC イオンモール熊本

STAFF STYLING

ボリュームブラウスとの ゆる×ピタ黄金バランス

体のラインを拾わないふんわりシルエットや長めの着丈で、気になるお腹周りをカバーしてくれるブラウスは、スキニーデニムと合わせてメリハリを作るのが正解。足元はウェッジサンダルでほんのりガーリーに。

MARI / 162cm

AMERICAN HOLIC IKEDIA

STAFF STYLING

フィット感あるトップスで 女っぽく

全体をコンパクトにまとめつつ、カーディガンやボリュームサンダルで変化をつけた着こなし。体のラインに沿うトップスとスキニーの組み合わせで、女らしさを引き立てて。デニム以外はモノトーンでまとめてクールカジュアルに。

Haru / 164cm

AMERICAN HOLIC ココウォーク

STAFF STYLING

まとめ

一年中活躍してくれるデニムパンツ。今回は、そんな中でもこの夏オススメのデニムやコーデをご紹介しました。何にでも合わせやすいデニムだからこそ、トップスや小物使いで幾通りもの着こなしが楽しめます。暑い夏も、大好きなデニムとともにおしゃれに乗り切って!

特集一覧はこちら